40代 男性

被相続人(母)が遺言書を書かずに亡くなりました。
 
実家の不動産以外にも賃貸アパートがあり、相続人としては2名の子がいました。遺産分割を申し入れたところ、母の世話をしていたのは私であるとして、遺産分割に応じない状況でした。
 
遺産分割調停を申し立て、遺産の評価などについて争いました。調停は比較的スムーズに進み、最終的には話し合いで解決しました。

コメント

不動産が一つでも存在するケース、きょうだいが多いケースでは遺産分割で揉めることが多いです。
本当は遺言書があると良かったのですが後から言っても仕方ありません。
 
きょうだいで揉めてしまった場合には協議から調停の場へと移ることも多いですが、不動産の評価などを適正に行い、相手方の主張を分析して進めることで解決の道は開けます。