40代 男性

依頼者である夫は妻から離婚を切り出され、多額の慰謝料と財産分与を請求されていました。
 
離婚を希望する妻にも落ち度がある事案でした。また、妻は財産分与を求めていたものの、妻もこつこつと預金をしていました。
私との相談を経て依頼者の方はこれを妻に指摘し、妻の提示の3分の1以下で合意に至りました。解決までは短期間でした。

コメント

慰謝料については不倫やDVが一方に存在する事案を除いて少額になることが多いです。また、財産分与については、お互いの財産のうち財産分与の対象となる財産の価値を合計してこれを半分などにするところ、財産開示の結果、当初の想定よりも支払額が多かったり少なかったりすることがあります。

弁護士をつけていない方がご自分の考えで提示した金額が法的な判断と異なることは少なくありません。まずはご相談いただくことをお薦めします。