30代 女性

結婚式を目前に婚約者から別の女性が気になるので別れて欲しいと告げられた女性の案件です。慰謝料を請求したいものの、相手の男性に取り合ってもらえず悩んでいました。
 
私から内容証明を送ることからスタートしました。対応しない場合には裁判となることを相手の男性は理解したのか協議に応じるようになりました。慰謝料だけでなく、結婚の準備のために支払った金額全てを回収しました。
 

コメント

婚約破棄の事案では慰謝料に加えて、結婚式のキャンセル代、一緒に住む予定であった新居のキャンセル費用、結納金(あるいは結納返し)などの精算が問題になり得るため、離婚よりかえって複雑な問題になることがあります。同僚や友人などに幸せな報告をした矢先の出来事に依頼者の方も失意のもと相談にいらっしゃるので、弁護士としても十分にその思いを踏まえた上で対応したいと思っています。